トラック 買取

トラック買取のトラブル&裏話

トラック買取でのよくあるトラブルや裏話をまとめました。

 

無料査定と謳いながら費用を請求する業者

通常、トラックの買取査定の際には、出張する場合であっても無料が当たり前です。
しかし、中には無料査定と謳いながら費用を請求する買取業者もいますので、注意が必要となります。
よくあるのが、その場で買取契約をした際には出張査定が無料でも、査定額やサービスなどに納得がいかず断った場合に、色々な名目をつけられ費用を請求されたという事が起きています。
このような買取業者を選ばないためにも、事前の問い合わせの時に出張査定に一切費用がかからないのかを確認することが必要となります。

 

会社のロゴを剥がさずに、そのままオークションなどで販売されてしまった

トラックは運送業や引っ越し業など、商用利用されている事がほとんどです。
会社のロゴが入ったまま、買取業者に依頼することも多く、普通は買取後にロゴを剥がすという契約を結びます。
しかしいい加減な買取業者の場合、会社のロゴを剥がさずに貼られたままオークション等で売却し、その状態のまま次の持ち主に利用されてしまうこともあります。
その状態でなにかトラブルを起こされてしまった場合、関係がないにしても会社の信用問題となってしまう危険性があります。
このような事態を招かないためにも、契約後にきちんとロゴを剥がした写真などを、メールなどで送付してくれるしっかりとした優良な買取業者を選ぶようにしましょう。

 

PC上で会社ロゴを消して、実車は消さずにそのまま

先にオークションで売るため、買い取ったトラックの写真を撮影。
その際、PCで写真を修正(レタッチ)し、会社ロゴを消します。
それをそのまま次の買い取り主に送り、「会社のロゴ消しました」と報告。
で、実際のトラックはロゴを消さずに売ってしまい、買い取った会社もそのまま乗る、といった事があります。気をつけましょう。